本記事内には広告を掲載しています


 ミサワホームというと、戸建住宅で木質パネルの住宅で収納空間「蔵」を搭載した住宅が有名、というイメージがあります。

 また、木質パネルの工法と蔵の空間を中間に設けることで1.5階の階層が出来て、屋内の階層構造も通常の住宅とは異なる様子に出来る点が他とは異なる印象です。

 1,000万円値引きキャンペーンというカタチで大きな値引きのキャンペーンがあって、1,000万円まではいかないけどそれなりの値引きもあり、交渉を進めていくことで値引きをしてもらえることは可能です。

ダインさんダインさん

ミサワホームって、どんなイメージ?


シーカスくんシーカスくん

収納空間の「蔵」ですかね。
あと、1,000万円キャンペーンとか。


ダインさんダインさん

住宅のスタイルが特徴的ですね。1,000万円キャンペーンはインパクトがあるよね。

 ミサワホームはパナソニックホームズとトヨタホームと事業統合しプライム・ライフ・テクノロジーズという会社を設立しています。
ただブランドとして統一はしていないので、ミサワホームとして事業展開をしています。

 ミサワホームにおいては、私たちは最初に完成見学会を訪れて商談開始しました。
住宅も他とは異なるデザインと収納空間を求めていましたので、蔵も満足でしたが、大きな値引きの提示はなく交渉は上手く進められませんでした。
ただ、いくらかの値引きの提示はありました。

 私たちのミサワホームとの商談については以下のページにまとめました。

 ここではそのポイントも含めて、値引き交渉を進めていける11の方法をご紹介します。


ミサワホームの値引きの限度額はどのくらい?

 ミサワホームの値引きはどのくらい、ということを調べてみると様々な数字が示されています。
それらを総合してみると、5~15%程度が相場のようです。

 ミサワホームの場合はこのページでも紹介していますが、キャンペーンによる値引き、紹介制度による値引きというものがあり、あとは各営業所や担当営業者による値引きの裁量枠があって、合算して値引きがされるようです。

 ミサワホームの場合は、サービス付帯による実質的な値引きが多く行われており、特にミサワホームにおいては規格住宅があるので、これをベースとして営業担当者との商談でどのくらい引き出せるかが重要、ということになります。

20231122ミサワホームの住宅の画像01

 引用元: ミサワホーム

私たちがおススメする値引きをしてもらう方法

他社との相見積もりを取る

価格の比較、競わせることが大事

 「マイホームを手に入れるぞ、戸建て住宅を購入しよう」となって、住宅の販売価格ってどのくらいするのだろう、となると本屋さんに売っている住宅情報誌やインターネットで情報収集をすると思います。

 住宅の場合は住みたい家の間取りや好みの内装を決めることが出来ます。さらに耐震性や耐久性、居住空間の快適性などハウスメーカーによって異なるので、自分たちが望むマイホームの価格はいくらだろうか?となると、ハウスメーカーに見積りを取ってもらう必要があります。

 これにより希望のマイホームの価格が分かり、希望する間取りで内装にした場合、A社は〇万円、B社は〇万円と比較することが出来ます。

231206住宅モデルと電卓とペンの画像01

 気に入ったハウスメーカーがあってほぼ決めていたとしても、複数のハウスメーカーから見積りは取った方がいいです。ライバル会社がいれば、ハウスメーカーの営業さんもウチと契約して欲しいということで、他社と比較された際には可能な限りの値引きをしてくれると思います。

相見積もりを薦めるハウスメーカー

 マイホームを建てるにあたって他のハウスメーカーと比べて検討するのは、ハウスメーカーの営業さんも当然と思っています。

 ただミサワホームと比較するにあたって、このハウスメーカーと相見積もりをとると適切というメーカーがあります。

セキスイハイム

 ミサワホームとセキスイハイムは、価格帯としては近いところにあります。
ミサワホームは木質系パネル工法、木造軸組工法に対して、セキスイハイムには鉄骨住宅と木造住宅のラインナップがあり、特に木造住宅は2×6ユニット工法なので技術的にも類似した住宅での比較が可能です。
セキスイハイムはセキスイハイムの値引きの10の方法とは何か?でも書いたように、値引きをミサワホームより積極的に行っており、値引き交渉を進めるうえにおいてもミサワホームとの相見積もりのハウスメーカーとして適していると考えます。

20231015セキスイハイムの住宅01

 引用元: セキスイハイム

パナソニックホームズ

 パナソニックホームズは鉄骨住宅のラインナップで、価格帯としてはミサワホームより少し高い所にあります。
ただミサワホームはパナソニックホームズ、トヨタホームと事業統合しプライムライフテクノロジーズという会社を設立しています。同じ会社のなかで住宅販売戸数を競っており、ミサワホームとしては特に顧客を取られたくない相手です。

 年間の総販売戸数も少し負けているので、是非とも顧客を獲得したいということで
値引きも積極的に行ってくれると思われます。

20231122パナソニックホームズの住宅の画像01

 引用元: パナソニックホームズ

積水ハウス

 積水ハウスは鉄骨住宅と木造住宅のラインナップがあり、価格帯もミサワホームより高額であることから相見積りの対象とはなりにくいハウスメーカーと思われるかもしれません。

 ただ、積水ハウスは住宅全体及び住宅設備のデザイン性が高く、一方のミサワホームも蔵の収納空間や、1.5階などの中階構造など、普通の住宅にはないアイデア性があります。
また、ミサワホームの住宅商品のラインナップにはINTEGRITYというデザイン住宅があるように、
全体としてデザイン性が高く、このデザイン性の高さという点においてはミサワホームと相見積もりをとる対象となりえると思われます。

20231015積水ハウスの住宅の画像01

 引用元: 積水ハウス

ミサワホームの見積りを取る際の注意点

 相見積もりを取る際にはこのページでも後にご紹介していますが、タウンライフへ依頼すると同時に依頼をかけられるので便利です。

 ただし、ミサワホームに関しては紹介制度を利用する場合は、タウンライフでの相見積もりはミサワホームを含めないようにすることをお勧めします。
これは紹介制度を利用するために必要なことになります。

値引き交渉は契約前に済ませる

 「御社で家を建てます」と契約書にハンコを押してしまうと他のハウスメーカーに乗り換えることはないですので、これ以降の値引きはほぼ望めないです。

契約前の値引き額が少額でハウスメーカー側に値引き額の余地があれば可能ですが、その額はわずかだと思います。
なので、値引き交渉は契約前までに済ませることは必須になります。

契約後に価格を下げる場合には、

  • 住宅設備の再検討(価格を下げるためにはグレードを下げる)
  • 延床面積の見直し(価格を下げるためには面積を小さくする)
  • オプション設備の取りやめ(価格を下げるためには、追加設備をやめる)

 価格を下げるためには、契約前に決めていたグレードを下げるということは可能ですが、これは値引きとは言えませんのでやはり値引き交渉は契約前までに、ということになります。

20231014住宅のモデルと図面と電卓の画像01

キャンペーンによる値引き

 ミサワホームの値引きキャンペーンは、全社で行われているものと地域の営業所で行われているものがあります。
時期に合わせて始まるキャンペーンもありますので、確認して商談を進めると良いでしょう。

1,000万円キャンペーン

20231126ミサワホーム1000万円キャンペーンの画像01

 引用元: ミサワホーム

 ミサワホームのホームページにも掲載されるキャンペーンで、ミサワホームで新築を建てる際の資金1,000万円をプレゼントしますというキャンペーンです。
キャンペーンの主な概要は以下の通りです。

応募方法 ミサワホームのWebサイト
発表方法 ミサワホームのWebサイト上で発表されます
*都道府県市区郡までのご住所と姓を掲載
*当選者へはミサワホームより直接ご連絡されます
対象商品 ミサワホームの新築一戸建商品
応募条件 ミサワホーム商品を建てる方
ミサワホームの指定期間内までに着工が可能な方
ミサワホームの施工エリア内に建築可能な敷地を用意が可能な方
(土地取得予定及び借地の方も応募は可能です)
注意事項 ミサワホームと当選発表前に工事請負契約を締結されている方は応募対象外となります
その他 建物本体工事以外の屋外給排水工事、屋外電気工事、屋内外ガス工事、基礎補強工事、外構造園工事、造成費、カーテン工事、照明器具、建築確認申請費、登記費用等の諸費用は別途かかります
新築資金贈呈に関わる諸税(一時所得)等は、ご当選者本人の負担となります。

 1,000万円というインパクトは大きくて、とりあえず応募という気にさせられてしまいます。ただ1名しか当選しませんのでなかなか当たらない、というのが実情です(私たちも当たりませんでした)。

 このページを書いている際は応募が終わってまもなく当選者発表という段階でしたが、定期的に開催されるキャンペーンなので、タイミングが合えば申し込むのも良いと思います。

 「1,000万円当たったら、家を建てる」という方も聞きますがなかなか当選しませんので、「当たったらラッキー」で、左右されずにマイホームを検討されるほうが良いと思います。

各地域で行われているキャンペーン

 ミサワホームの各地域の営業所ごとにも、不定期ですがキャンペーンが行われています。
既に終了しているキャンペーンもありますが、こんなキャンペーンがあってお住まいの地域でも将来的に開催されるかもしれません。

ミサワホーム近畿 新築資金550万円キャンペーン

20231126ミサワホーム近畿550万円キャンペーンの画像01

 引用元: ミサワホーム

 ミサワホーム近畿では、ミサワホームで新築を建てる際の資金550万円割引券が5名様に当選するキャンペーンが行われていました。
応募内容の概要は、1,000万円キャンペーンと類似していますので省かせて頂きます。
(対象商品として、MJWOODや建売分譲住宅が除かれています)

ミサワホーム九州 選べる限定1棟 1,200万円キャンペーン

20231126ミサワホーム九州1200万円キャンペーンの画像01

 引用元: ミサワホーム

 ミサワホーム九州では、限定1名様にミサワホーム九州がおすすめする3つの住宅から1つを1,200万円にて建ててくれるキャンペーンを行っています。
いずれも売値でいえば、2,000万円以上するので800万円以上の値引きキャンペーン、ということでしょうか。
選べるのは、

Aコース CENTURY AreaONE(32坪)
Bコース MJ Wood TYPES(33坪)
Cコース Belle Lead SkipHigh(48坪)

 建てられる家が3タイプの中からで大きさも決まっていること、完成見学会を一定期間開催するので、引き渡しは完成してから少し間があること、などの制約がある点は注意すべきですが、値引きとして大きいので条件に合う方には良いキャンペーンだと思います。

紹介制度を使う

 ミサワホームには紹介制度により建物価格を割引してくれる制度があります。
ミサワホームのオーナーさんによる紹介と提携企業による紹介割引があります。

オーナーさんによる紹介割引

 ミサワホームのオーナーまたはミサワホーム不動産で取引きがあった顧客からの紹介により、仲介手数料の5%が値引きを受けられます。
また、紹介された方には、成約時に最大で10万円がもらえる特典があります。

 紹介制度の申込フォームから、紹介者が入力してもらう必要があります。

20231128ミサワホームの紹介制度の画像01

 引用元: ミサワホーム

紹介制度を利用する際の注意点

 紹介制度を利用する際の注意点としては、ミサワホームとコンタクトを取る前に紹介制度を利用する必要があることです。

 展示場や問い合わせサイトでコンタクトをとってしまうと紹介制度を利用することは出来ません。

 なので、下記でご案内しているタウンライフでの問い合わせではミサワホームへの問い合わせは後回しにしておいた方がいいですね。

提携企業による割引

 ミサワホームは多くの企業、団体と提携しています。お勤めの会社がミサワホームと提携している場合は、利用することで割引が適用されます。
申請の方法は3つの方法があります。

  • お勤め先で紹介カードを発行してもらう
  • ミサワホームの提携法人専用HPにて紹介カードを登録
  • 展示場で提携企業に勤めていることを伝える

20231129ミサワホームの提携割引制度の画像01

 引用元: ミサワホーム

紹介制度の特典

 提携割引制度による特典は以下になります。

  • 提携割引制度の利用
  • 営業担当者の紹介
  • 提携法人限定のキャンペーンの実施

ミサワホームの本決算の3月末と半期決算の9月末での契約

 ハウスメーカーも企業なので、売上げの伸ばすために決算期には値引きがされやすいです。
ミサワホームは3月が期末、9月半期末なので3月、9月は値引きがされやすいです。

 ミサワホームはキャンペーンを期末を募集締め切りにしていないものがあります。
1,000万円キャンペーンがそれに当たるのですが、このキャンペーンはとインパクトはありますが限定1棟、など当たらないとキャンペーン適用にならないのでいわば客寄せみたいなもの、とも感じます。

 キャンペーンとタイミングが合って、偶然当たればラッキーですが
当たらなかった場合の値引きとしては、やはり期末、半期末決算を狙った交渉が有効と思います。

 キャンペーンをきっかけに商談を開始すると、商談期間が中途半端になるケースがあると思います。
なので、他のハウスメーカーとの商談とも調整して3月、9月に商談を詰めるというスケジュールで動くようにすると良いと思います。

 私たちは積水ハウスとの商談が進んだので、積水ハウスの決算である1月に契約を進めて、ミサワホームはその商談のペースに合わずに契約とはなりませんでした。

20231201住宅のモデルと電卓の画像01

サービス付帯をお願いする

 見積りとして提示された金額からの値引きではなく、サービスとして○○を付けますよというカタチでの値引きです。
値引き率を考えると、提示されている金額から差し引いてくれた方が値引き率は上がりますが、サービスとして何かを付けてくれるのも、付けてくれた分だけ実質的に安くなっているので値引きと言ってもいいでしょう。

 ミサワホームの場合は、このモノによるサービスをしてくれるケースが多いようです。
私たちの商談の際にも見積書の記載にオプションとして要望した設備により○万円プラスになります、という標準設備からの追加を羅列してあり、「これをサービスしてよ」と言いやすい見積書になっています。

 私たちの場合はシステムキッチン、食器棚において、そのような記載がありましたが、ミサワホームと商談されている他の方では、カーポートや外壁グレードアップ、蔵まで値引きの対象になるようで、私たちの商談は甘かったことを反省しています。
(但し下記のページで書いているように、ミサワホームには期待していたのですが値引きの交渉はあまり上手くいきませんでした)

20231201携帯を操作するビジネスマンの画像01

入居宅訪問を受け入れる(内覧会を許可する)

 完成した住宅をミサワホームに興味がある方への見学会に使用するのでその見返りとして値引きをしてもらうという方法です。
ただ、ミサワホームは積水ハウスの「住まいの参観日」ような全国規模での住宅見学会は無いようですが、各地域、展示場ごとに見学会を開催しているようです。
なのでマイホームを建てる地域で見学会を行いましょう、ということになると見学会でマイホームを使用するにあたっての値引きの交渉が可能です。

20231202ミサワホーム九州の見学会の画僧01

 引用元: ミサワホーム

 上記はミサワホーム九州の九州一斉見学会の情報です。
このような地域で行われる見学会も開催されていますので、担当営業と話しをするとよいでしょう。

 見学会に関して言えば、私たちも最初に一斉見学会でミサワホームの実際のお家を見学させてもらい、その後も複数の完成見学会で見学をさせてもらいました。
ミサワホームは適宜、完成見学会が行われている感じがします。

営業担当者

 マイホームを建てるにあたって展示場にあるハウスメーカーのモデルハウスを訪れたり、(ハウスメーカーが開催する)見学会に出かけると営業さんが対応をしてくれます。

その際に最初に対応してくれる営業さんが、そのまま担当者になる場合が多いです。

 営業担当者が誰になるかは重要でそのハウスメーカーでマイホームを建てるにあたって、疑問点を納得して解決してくれたり、希望の間取りの私たちが望むプランを提案してくれます。

そして、営業担当者が持っている値引きの裁量権も異なります。

結果的に、このハウスメーカーならお願いしてもいいかなと判断する窓口になります。

 私たちの場合は完成見学会で話しをしてくれた方が、そのまま営業担当者となりました。
入社3年くらいのまだ若い担当者で、ミサワホームの住宅のことを聞いても少し複雑な話になると「持ち帰らせてください、確認します」と少し頼りないところがありました。

 値引きについても上司の確認が必要で、上司と同席するにも書きましたが上司が出てきても値引きも変わりませんでした。なのでこの営業担当者では契約してもその先大変だなということも思いました。

 もう少し経験のある営業担当者なら、もっと別の提案も出来たのではないか、と思います。
例えば、私たちの場合は、土地から探していたので別の土地付きの物件を紹介するなども一法だったと思います。

 その営業担当者がそのハウスメーカーで会った最初に対応してくれた人、というのはのようなことになるので、優秀な営業マンに担当してもらうには、ミサワホームでは紹介制度を利用すると良いでしょう。
紹介制度で来てくれる顧客は、紹介してくれたオーナーの後押しもあって、ミサワホームと商談に来てくれている、わけですからミサワホームも絶対に商談を成立させると優秀な担当者がつくと思われます。

20231130若手のビジネスパーソンの画像01

上司に同席してもらう

 高額な値引きの裁量権は立場の上の方が判断する場合が多いです。
そのため検討している商品、間取りもおおよそ決まって、交渉の最終段階になったところで上司の方に同席してもらうことで、値引きを含めた最終価格を提示してもらいます。

 上司の方と会う機会を得て、こちらも最終価格の提示を促して金額の変動がないのならこれ以上の値引きはないということなので、提示されている金額で判断することになります。

 私たちの場合は、積水ハウスとの商談では店長クラスの方と話しを進めており、最終段階において上司の方と電話で価格調整をしていただいて、サービス付帯を了解頂いて納得のいく値引きをして頂いたこともあって契約することになりました。

 ミサワホームの場合は、上司の方に同席頂く機会がありました。ただ上司の方にも値引きのご相談をさせて頂きましたが、その後の価格の変動がなかったのでこれ以上の値引きはないという判断で諦めることになりました。
断りの話しをさせて頂く際に、営業担当者は「えっ、何で?」みたいな顔をされていましたが、ミサワホームとは最初から長く商談を続けており最終段階で上司の方まで出てきて、この値引きですか「提示されている金額ならお断りします」という判断をしました。

 一番最初に訪問したハウスメーカーで、デザイン・収納共に気に入っていたので残念でした。

20231202ベテランビジネスマンの画像01

値引き交渉は契約前の最終段階に行う

 ミサワホームは一斉見学会で最初に見学したハウスメーカーで、一番最初に商談を開始しました。
それが10月の終わりころでその後積水ハウス、セキスイハイム、ヘーベルハウス、ダイワハウスと商談を行っていきました。
3か月くらいしてくると建てようとしているプランも定まってきて、契約をするかどうかという契約の最終段階に近づいてきたのですが、値引きの雰囲気が、思ったよりも出てきませんでした。

 これが1月の下旬頃の話しで値引きがあまり引き出せなかったのは、3月の期末よりまだ時間があったことも要因かと思います。
また、私たちがミサワホームが所有している土地で建てることを検討していて、その土地が人気であったためにミサワホームが強気であったことも考えられます。

 とはいえ、私たちも値引き交渉は最終段階で行い、多少の値引きは引き出すことは出来ました。
ハンコを押すギリギリでの値引き交渉は重要です。

20231201商談している様子の画像01

予算を考慮しての交渉

 複数のハウスメーカーで希望の間取りで相見積もりを取ると、

総額はいくらになって、現在の住宅ローンで元利均等返済で月々の支払をしていくと毎月○万円で□年間の支払いになります、という話が出てきます。

住宅ローンのシミュレーションで、月々の支払いは○万円までに抑えたいから総額を△万円に収まるように値引きしてくれたらサインします、という交渉はひとつの方法だと思います。

ただ、「△万円に収まるように値引き」というと、高額な値引き額は期待・要求すべきではないし、総額と△万円との間の価格差が大きいのなら、住宅のサイズや設備のグレードダウンなどが必要です。

こちら側からも価格を摺り寄せていく譲歩も行って、値引きもお願いして擦り合わせていく、という流れになります。

また、営業担当者との交渉での図面から契約後にさらに詳細な設計打合せを行っていくと総額が上がってくることがあります。

その点を考慮に入れて本当の予算より少なめにして、マイホームの計画を進めていく方がいいと思います。

231207住宅モデルと電卓とペンの画像01

 

あなたにとって満足できるマイホームを手に入れる方法とは?


20230930住宅の画像01

 マイホームを建てる機会は一生に一度と言われています。

ただ、マイホームを建てて実際に住んでみると様々なところで後悔することがあります。


  • もっといろいろなハウスメーカーを調べてから、建てたほうがよかった
  • マイホームを建てるのに時間がなくて、細かい点まで十分な検討が出来なかった
  • 間取りをじっくり考えて、将来的にも使いやすいマイホームにすべきだった
  • 土地から探しており、土地と建物の両方を検討していて充分な検討が出来なかった

ダインさんダインさん

情報を集めるのに多くの時間がかかってしまい、充分に検討する時間がなくなってしまいますね。



 納得のいく家は三度建てないと出来ないと言われていますので、完璧な家を建てることは難しいかもしれません。

でもその後悔を出来るだけ少なく、理想のマイホーム建てる方法を知っていますか?

それには、

  • ハウスメーカーを訪問して理想の間取りを検討する
  • ハウスメーカーに希望の間取りと設備でプラン、見積りを提案してもらう
  • ハウスメーカーと交渉を行い、理想のマイホームのプラン・見積りを得て、契約する

 上記のことを、複数のハウスメーカーで進めていく必要があります・・・

シーカスくんシーカスくん

理想のマイホームって大変ですね・・・

 

複数のハウスメーカーから簡単にプランと見積りをもらう方法とは?


20231001住宅のモデルと図面と電卓の画像01

 複数のハウスメーカーから希望の間取りでプランと見積りもらうことは分かりましたが、そのために毎週末にモデルハウスを訪れて各ハウスメーカーと交渉をしていたら、時間がいくらあっても足りません。

私たちはかつて、カタログや間取りプランを住宅会社を1社ずつ回って集めていましたが、現在はインターネットでまとめて集めることが出来ます。

それがタウンライフ家づくりのサイトになります。


20230930タウンライフのトップページの画面01

[PR]タウンライフ家づくり


 このサイトではマイホームの希望の間取りや土地の情報を入力して、問い合わせをするハウスメーカーを選択することで、そのハウスメーカーから希望の間取りプランやカタログを送付してもらうことが出来ます。

週末にモデルハウスをはしごして訪れることなく簡単に多くの情報を得ることが出来ます。

得られるハウスメーカーの資料や間取りプランをじっくり検討して、そこからさらにより細かい箇所を考えていくことが出来ます。

具体的にマイホームの検討を始めている方はもちろんのこと、マイホームはまだ先でどんな感じか知りたい方にとっても検討するためのたたき台としてとても有効だと思います。


ダインさんダインさん

簡単に複数のハウスメーカーの資料を集められるのは得策ですね。



[PR]タウンライフ家づくり


タウンライフの入力の方法はどのような感じかというと・・・

 

20231001タウンライフの質問ページの画像01

 このサイトで入力する主な内容としては、

入力する主な内容
  • 階数や間取り、家のこだわりなど選択
  • 建設予定地の有無や土地のサイズ、建てたいエリアなどを選択
  • 間取りプラン、ハウスメーカーのカタログの送付先情報を入力
  • 希望するハウスメーカーの間取りプラン、カタログを選択

 私も見積もり・間取りプラン作成スタートから入力してみましたが、選択式で進んでいくのでとても簡単でした(下記は、「家のこだわり」の選択肢の画面です)。

20230930タウンライフの選択の画面の画像01

 ご希望の間取りプランを具体的に入力する箇所もあるので、そこに例えば日が射して、中庭を眺められるバスルームが欲しいなどの要望を書いておくと、考慮された間取りプランをもらうことが出来ます。

入力は簡単3分で無料オンラインで複数のハウスメーカーへの一括見積りが可能です。お仕事や家事、子育てに忙しい方々でも自宅で簡単に申込みが出来ます。

 モデルハウスや完成見学会を訪れる前に事前に複数のハウスメーカーの情報収集を十分に行っておいてから、ハウスメーカーとの商談に臨みましょう。



シーカスくんシーカスくん

しっかり準備してからハウスメーカーに行けますね。



[PR]タウンライフ家づくり


タウンライフから得られる資料はどのようなものでしょうか?

 タウンライフへ資料請求を申し込みすることで、届く資料は以下になります。

タウンライフから届く資料
  • 希望の間取りプラン
  • 資金計画資料
  • 希望の間取りを考慮した土地情報
  • ハウスメーカーのカタログ資料

 例えば、間取りについては以下のような提案資料がもらえます。


20231001タウンライフの間取りの例の画像01

[PR]タウンライフ家づくり


 ハウスメーカーのカタログは、希望の間取りや土地情報、建てたいエリアにより施工が可能なハウスメーカーがリストアップされ、希望するハウスメーカーにチェックをすることでカタログの請求が可能です。

また、まとめて請求を行うことも可能です。

 

20231001タウンライフのハウスメーカー選択のページの画像01

[PR]タウンライフ家づくり


タウンライフとはどのような会社でしょうか?


20231001タウンライフのトップページの画面02

[PR]タウンライフ家づくり


 住まい情報と言えば、SUUMOやat home(アットホーム)、ホームズが有名かと思います。

 「タウンライフ家づくり」はタウンライフ株式会社が運営しており、不動産関連の複数サイトを10年以上運営している会社です。

タウンライフのサービスは累計30万人以上が利用している、人気のある無料でカタログ情報を請求できる住宅サイトです。


20231001タウンライフのサイトの受賞の画像01

 住宅関係のサイト利用者アンケートにおいても注文住宅部門において3冠を達成しています。

 



 またタウンライフは全国960社以上、大手ハウスメーカー35社以上と提携しており、入力された情報から、間取りプランを提案出来るハウスメーカーを検索して選択することが出来ます。


[PR]タウンライフ家づくり


 マイホームは高額な買い物で、先に資料請求すればどのような準備が必要であるとか、間取りについても様々なアイデアを先に考えておくことが出来て、本格的にマイホームを考えるときに役に立ちます。

まだ先と思っていても、カタログを眺めて将来のマイホームを考えるのも楽しいものです。


20231001タウンライフの成功する家づくりの画像01

 今ですと、申込者全員に「成功する家づくり7つの法則」がプレゼントされます。

マイホームを考える一歩目にタウンライフ家づくりは役立ちます。


[PR]タウンライフ家づくり



 

ミサワホームの値引きの11の方法とは何か? のまとめ
  1. ミサワホームの値引きとしては5~15%程度で、
    キャンペーンと紹介制度による値引きと営業所や担当営業者による値引きがあります
  2. おススメする値引きの方法としては、相見積もりを取る、紹介制度を利用する、サービス付帯をお願いする、ミサワホームの決算期に契約するという方法です。
  3. 相見積もりは値引きを積極的に行っているセキスイハイム、プライムライフテクノロジーズとして事業統合しているパナソニックホームズ、デザイン性が高い点で比較対象となる積水ハウスを引き合いに出して交渉を進めるとよいです
  4. ミサワホームは1,000万円キャンペーンを不定期に行っていますが、当たる可能性は高くないので惑わされずに3月の期末、9月の半期末での契約を見据えた交渉が適切です