住宅もクルマも「本体価格」は魅力的に見えますが、大きな買い物にはその他に必要な費用が発生するのです。

ダインくんダインくん

今度、○○社から新車が出るんですよ。
カッコいいデザインで価格が100万円で!

セキスイさんセキスイさん

まさか、買いたいと思っているの?

ダインくんダインくん

はい! 100万円なら貯めておいたお金で買えるので!

セキスイさんセキスイさん

100万円で買えるの?

ダインくんダインくん

はい、100万円って書いてあるので。

セキスイさんセキスイさん

○○社が言っている100万円は、そのクルマの車両本体価格でしょう。税金だけでも自動車税、自動車重量税、それから保険、登録費用など、いろいろかかる。

ダインくんダインくん

・・・そうですね。

セキスイさんセキスイさん

住宅の場合はどうだろう?これも広告で、「大型分譲地開発、1軒○○万円から」みたいな広告が入るけど。

ダインくんダインくん

そういう広告にも、下の方に細かくいろいろ書いてありますね。

セキスイさんセキスイさん

その通り。住宅も本体価格に加えて、いろいろな費用が必要になるね。

 「新車を買いたい」というクルマの話しから始まってしまいましたが、クルマと同じように住宅も建物本体価格に加えて様々な費用が必要になります。
 今回は、住宅にはどのような費用がかかるのかを考えてみましょう。

家づくりに必要な費用の内訳

建築中の住宅の画像 セキスイさんとダインくんの会話にもありましたが、家を建てるのに必要な費用の内訳としては、どのようなものがあるのでしょうか?
大きく分けると、「建築工事費」「事務費用」に分けることが出来ます。

 

 

建築工事費

 建物の工事に関する費用のことで、内訳としては本体工事費、別途工事費、建物以外の費用に分けられます。

事務費用

 登記費用や建築確認申請、保険料などの事務手続きに必要な費用です。

建築工事費の内訳

 建築工事費の内訳について、詳しく見ていきましょう。

本体工事費

建築中の住宅の画像

 工務店、ハウスメーカー、設計事務所に支払う費用のことです。建物を建てるために直接的に必要な費用です。
住宅会社の「坪単価」はこの費用を床面積で割った金額です。

 

 

別途工事費

 上記の住宅会社に支払われる費用以外で、住宅で生活するために必要となる設備の費用等です。
屋外給排水工事、地盤補強工事、冷暖房工事、照明工事、カーテン工事、外構工事、既存宅地の解体費用などが該当します。

建物以外の費用

 別途工事に含まれないが、住宅を建てるにあたって必要となる費用のことです。
家具費用、電話工事、アンテナ工事、地鎮祭費用などが該当します。

事務費用の内訳

次に家づくりに必要な費用として、事務的な費用の内訳をみてみましょう。

申請と現場での費用

建築確認申請料

 建築設計図書の確認申請の手数料です。さらに詳細には、確認申請手数料・中間検査手数料・完了検査手数料からなっています。
建築確認は、建築主(ハウスメーカー)が主体の作業(建築主が建築主事または指定確認検査機関へ確認を受ける)ですが、費用については設計料とは別に施主が負担します。
積水ハウスでは「本体工事費」に一括で10万円で計上されています。

住宅性能表示申請費

 住宅が住宅性能表示を受けるための申請費用です。
建てられる住宅が安全、維持管理、生活環境において良質であることを、国土交通大臣に登録された第三者機関によって評価してもらい、住宅性能評価書として交付してもらいます。
住宅性能評価を受けた住宅は、地震保険料の優遇や住宅ローンの金利優遇などが受けられます。

近隣挨拶関係費

 工事を行うにあたってのご挨拶、入居時の挨拶のときの手土産の費用です。

上棟式、竣工式費用

 上棟式は上棟(屋根の一番高いところに棟木(むなぎ)が取り付けられることが出来たこと)を祝う式、 竣工式は建物が無事に完成したことを感謝する神事です。それぞれ行う場合には施主が負担します。

登記関係の費用

建物表示登記

 新築した建物は登記記録がないので、建物についての情報(所在や構造、床面積など)や所有者などを登録する必要があります。
その登記のための費用で、土地家屋調査士などによって行われます。

建物所有権保存登記

 新築した建物は登記記録がないので、建物についての情報(所在や構造、床面積など)や所有者などを登録する必要があります。
その登記のための費用で、土地家屋調査士などによって行われます。

土地所有権移転登記

 土地の売買契約が完了し、金銭の授受が済んだ後、 買主の土地の所有権を法律上においても主張出来るように(保全するために)、登記記録に記載して一般に公開(登記)します。
この「土地の所有権を移転するための登記」に必要な登録免許税と司法書士への報酬の費用が必要です。

抵当権設定登記

 銀行などの融資先は万が一返済が滞った際、その費用を「何か」を代わりとして回収しようとします。 その「何か」は土地と建物で、その土地と建物を担保として設定するための登記が行われます。 その際の登録免許税と司法書士への報酬が必要になります。

ローン関係の費用

手数料

 住宅ローン申し込みには手数料が必要になります。 定額の場合と融資額に一定の割合(融資額の2%程度)を掛ける場合があります。
私たちの場合は定額(¥31,500)でした。

保証料

 連帯保証人がいない場合保証会社から保証を受ける必要があり、そのための保証料が必要になります。 民間住宅ローンでは、借入金3,0000万円、返済期間35年の場合で60万円程度が必要になります。
私たちの場合は連帯保証人がいましたので不要でした。

団体信用生命保険特約料

 借入れをした者が死亡、高度障害になった場合残りの住宅ローンを全額弁済される保険の保険料です。
私たちの場合は民間住宅ローンで金利に含まれています。

火災保険料

 ローンの担保となる住宅が火災による被害を受ける場合に備えて加入する損害保険の保険料です。銀行融資では、加入が義務付けられる場合が多いです。
私たちの場合も加入が必要で、積水ハウスの紹介の保険会社と契約をしました。

建替え時に発生する費用

仮住まい費

 住宅が完成して住み始めるまでの、仮住まいの費用です。
私たちの場合は、マイホームを建てる前はアパートに住んでいましたから、その家賃が該当します。

減失登記費用

 既に建物が建っている土地を検討している場合、その建物を解体した際に建物がなくなったことを登記する必要があります。その登記のための費用のことです。
私たちの場合は更地でしたので、この登記は必要ありませんでした。

引越し費用

 新居への引っ越しの費用です。引っ越し業者へ依頼する場合は、その費用が必要です。
大きなサイズの荷物、ピアノ等の運送に注意が必要な家具があれば、費用を確認しておきます。3,4月は割高になるので、見積りで確認しておきましょう。

その他

税金

 上記の金額のやりとりをする契約書に貼る収入印紙(印紙税)や登記の項目にありました登録免許税などです。 詳しくは「家づくりにかかる税金」で説明します。

各費用の概算の算出

 家づくりに必要な費用の内訳は上記のようになります。
各費用としておおよそ必要な費用を割り出すには、ハウスメーカーから見積りをもらうのが一番早いです。
そして、もらったハウスメーカーの見積書を以下のように利用することをおススメします。

本体工事費

 そのハウスメーカーの建物の費用なのでコストパフォーマンスに見合う住宅なのか、希望する間取りや仕様にすると費用がどのくらい変わるのか、検討します。
(ハウスメーカーと金額を含めて交渉出来るのは、主にこの部分に関する事柄になります)

別途工事費

 この費用で建物の周辺設備の費用がどのくらい必要なのかを把握しておきます。
地盤補強工事、屋外給排水工事はその敷地に影響する費用ですので、同じ敷地であれば類似の費用が提示されます(違っていれば、余分な請求が発生していることになります)。
冷暖房工事や照明・カーテン工事は、建物に付属させる設備でこちらの要望で決められますので、どのくらいの費用が必要なのか精度よく把握することが出来ます。

建物以外の費用

 この費用も建物に付属する費用でどのくらい必要なのか把握しておきます。
家具については店舗を回って大きさ、様式、用途がマイホームに合ったものを選びましょう。
引越し業者や電話回線は、複数の業者に見積りを取って条件や金額を比較をしましょう。
アンテナ工事についても見積り比較は必要ですが、アンテナが傾いたときに直してくれるなどのメンテナンス対応も考えておく必要があります。

事務費用

 こちらもまずはハウスメーカーの見積書に記載されている金額を概算でも良いので確認しておきます。このページの内訳にあって、もらった見積書に無い項目があるようでしたら問い合わせてみてもよいでしょう。
(逆に、もらった見積書にあって、このページの内訳に記載ない項目がありましたらごめんなさい・・・)
概算で示してある項目は、具体的にマイホームの話しを詰めていくと詳細が決まってくる項目になります。住宅ローンに関連する項目は、どこでどのように借りるのかによって変わりますし、ハウスメーカーの商品によっても変わる項目もあります。(例えば、火災保険は鉄骨造と木造で異なります)
ハウスメーカーの営業マンは、希望のマイホームの場合の概算をこれまでの顧客の経験から算出できますから確認するとよいでしょう。
「諸経費は建築工事費の5%以上として見積もる」と言われていますが、ひとつひとつの項目を確認していくことで、より精度の高い「費用の内訳」を得ることが出来ます。
ちなみに、私たちの場合は、(生命保険特約料が金利に依存しているところもありますが)、建築工事費の3.5%くらいでした。

家づくりにかかる費用 のまとめ
  1. 家づくりにかかる費用の内訳としては、建築工事費と事務費用があります
  2. 建築工事費の内訳としては本体工事費、別途工事費、建築以外の費用があります。坪単価は本体工事費を床面積で割った金額のことをよく言います
  3. 事務費用の内訳としては、申請費用、登記関係の費用、ローン関係の費用、建替え関係の費用があります
  4. 各費用の算出はハウスメーカーからの見積書を利用すると早く行うことが出来ます。不明な点は営業マンに確認して、精度の高い概算を得るようにしましょう